logo

塑性加工の常識を変えます


世界一
従来「機械加工」で 製造していた部品も、 「板金加工」で製造できます。

レーザープレスによる複合加工
金型などの製作を最小限にできるため、資産管理が大変楽になります。 切削加工していた6mmの板材をパンチとレーザー加工で、溶接構造だった厚さ4.5mmの部品もレーザー加工、パンチ、ベンディングで加工します。それぞれコストが従来の1/3になります。

高精度・ 高品質(Cpk 3.26)です。

工程能力指数(Cpk)は、金型での加工と同程度の3.26。小ロットの試作から量産まで、すべて高精度の汎用機で加工・製作します。 (2001年4月〜2004年3月までの得意先様における不良率は8ppm、社内不良率は19ppmでした)

通常より誤差の生じにくい曲げ工程。

厚さ8mmのステンレス鋼板でも加工可能です。

残留応力が少ないレーザー加工。

詳細は申し上げられませんが、様々な素材を様々な条件下で、時間をかけて実験を繰り返すことにより、レーザー加工の際におきる、熱による残留応力を極力少なくなる加工条件を設定しています。

地域未来牽引企業  ダイバーシティー経営  彩の国工場  多様な働き方実践企業   なんとかなる   マイナビ2022